商品撮影を上手にする自然光作り

窓からの光を利用して撮影するときのコツをご紹介。
今回は「トレーシングペーパー」を利用して、商品撮影を上手にする自然光作りをします。

Point
自然光をやわらげ、光が全体に回るようにすると撮影がしやすくなる 

窓からの光が直接さしこむところでは商品の影が強く出てしまいますよね。また、薄手のカーテンを利用して自然光をやわらかくしても、窓枠やカーテンの目がそのまま影となって写ってしまう場合があります。

左は、薄手のカーテンを利用。右は、今回ご紹介する「トレーシングペーパー」を利用して窓からの光をやわらかく拡散させて撮影したもの。

窓枠の影がなくなり、カップ自体の影もふんわりとして見やすくなりましたよね。

 

準備するもの

1 コメット ディフューザーアーム
2 堀内カラー トレペM(トレーシングペーパー1100mm×20m)
3 コメット ライトスタンド(CMS-4Bミニスタンド)

エレンクリップ(大きな洗濯バサミでも代用可)

袋と辞書(重りの代わり)

 

機材の使い方

ライトスタンドの脚をしっかりと広げる。

 

ディフューザーアームのくぼみと、ライトスタンドのネジ穴が同じ位置にくるように差し込む。

 

ディフューザーアームとライトスタンドの脚のうちの一本が同じ方向になるようにする。
倒れにくくなります。


 

辞書を入れた袋をライトスタンドに掛けましょう。倒れるのを防止するため

 

トレーシングペーパーを差し込む

 

必要な長さのトレーシングペーパーを出したら、エレンクリップでとめましょう。

 

これでトレーシングペーパーを使ったディフューザーのセットが完成です。

 

さっそく使ってみましょう

使う前
カーテンを利用して光をやわらかくしようとしてみたけれど、、、。


トレーシングペーパーを使ってみた

どちらが見やすいかは言うまでもないですよね。
堀内カラーのトレペMは実売2000円以内で購入することができます(ヨドバシカメラ調べ 2021.12.9)
トレーシングペーパーをかけるスタンド機材のご購入がご予算的に厳しい場合には、ハンガーラック(パイプハンガー)を利用するのも良いでしょう。

トレーシングペーパー(トレペ)を使って自然光をやわらかくする。この方法で、同じカメラ、同じ場所でも写真にこれだけの差がでます。

撮影の基礎知識まとめ

撮影の基本 まずはここからはじめよう。
撮影用スペースを作る (雑貨・小物の撮影)

【一眼レフカメラ】絶対に覚えたい!カメラの設定・使い方5つ
【コンパクトカメラ】絶対に覚えたい!カメラの設定・使い方5+1つ

商品ごとの撮り方

アクセサリーの輝かせ方
アクセサリーの輝きを、しっかりと撮影するためのコツ

写真加工(レタッチ)
商品写真をレタッチ フォトショップビギナーズ編 〜3ステップで商品画像をきれいに〜
>これなら簡単!写真補正。Camera Raw フィルターを使った補正方法。new!
Camera Raw フィルターのご紹介
      ・
Camera Raw フィルターでの始め方から、保存方法
Camera Raw フィルターで実践!写真補正
Photoshopで、円の描き方。初心者でも簡単に!

撮影道具のこと
カメラとレンズの準備

三脚の準備
窓からの光の上手な利用法 撮影しやすい光をつくる①
>あると便利な撮影道具

商品写真をより魅力的に・コラム
撮影しやすい時間帯

撮影用の道具を使った「撮影のための光」作り
「レフ版」を使って明るさを調整
背景は、商品の印象を変える 〜写真を魅力的に見せる簡単で効果的な方法〜
背景紙の色の選び方
商品に応じた様々なセット
レンズの使い方 形を正確に写すために
小さな雑貨のピントの合った商品画像の撮り方
見づらい、わかりにくい商品写真とは?
商品撮影では、カメラを使わない作業がある

カメラの機能をくわしく
ISO感度
撮影モードを選ぶ

絞り値
露出補正
>色合わせをするホワイトバランス機能 2つ
  1. カメラにおまかせ「オートホワイトバランス」
  2. 撮影に慣れてきたら、より厳密な「マニュアルホワイトバランス」

2019-11-19 | Posted in 撮影の基本, 撮影の準備No Comments » 

関連記事