明るさを調整する「露出補正」機能

Point
露出補正機能を使って明るさを調整。

露出補正機能で明るさを調整 

 カメラの撮影モードを「絞り優先」の設定にした場合には、写真の「明るさ」はカメラが自動で調整しています。けれども商品の色や、背景の明るさによっては実物と明るさが合わない場合があります。その場合に明るさを調整する機能が「露出補正」の機能です。

露出補正の機能を使って意図した明るさで撮影すれば、パソコンに取り込んだ後のレタッチもしやすくなります。是非この機能を覚えましょう。

 

露出補正で意図した明るさに調整する方法

一眼レフの場合 (Canon)


1、絞り優先モード(Av、A)

2、サブダイヤルを回す。

3、露出補正の表示が移動し、撮影時に写真の明るさが変わる。

※露出補正の機能設定はメーカーや機種によって異なります。

◯サブダイヤルを回して+1露出補正してみる

0→+1露出補正

補正をしていない左側の画像では少し暗い印象を受けます。
露出補正の機能で明るさを調整した右側の画像は、とても見やすいですね。

 

その他、露出補正機能の調整法

「メニュー」→「露出補正」で調整画面が表示される場合が多いのでご参考に。

2017-05-01 | Posted in カメラの設定No Comments » 

関連記事