【一眼レフカメラ】絶対に覚えたい!カメラの設定・使い方5つ

撮影のセッティングができたら、次はカメラのこと。
絶対に覚えたい!カメラの設定・使い方 5つ!

画像のきれいさと、窓からの光での撮影のしやすさを決める
1、 「ISO感度」の設定

ISO感度変更のボタンを押す→ダイヤルを回して数字を変える。
「ISO800」に

色を正しく伝える
2、「ホワイトバランス」の設定(WBの設定)


メニューを押す→ホワイトバランス選択→「AWB(オートホワイトバランス)」選択

背景をぼかしたり、はっきり写したりを選択しやすくする
3、「撮影モード」の選択

カメラ上部のダイヤルを回す→「Av」(絞り値優先)選択。(カメラによっては「A」表示)

背景のぼかし具合を決める
4、「絞り値」の設定(F値の設定)

3で撮影モードを「Av」に変更後に、ダイヤルを回す
→◯で囲まれた数値が変わる。
「F8」に

撮影時に写真の明るさを調整する
5、「露出補正機能」の使い方

「+/-」のボタンを押す→明るくするにはダイヤルを回して+の方に。
撮りながら、撮った写真が暗いかな?と感じたら「露出補正機能」で明るく撮れるように調整します。

 

まとめ
カメラを何も設定しないまま使っていると、こんな不満はありませんでしたか?

1、撮った画像が粗い、写真がぶれている→ISO感度設定
2、色がおかしい→ホワイトバランスの設定
3、背景のぼかし方がわからない→撮影モードを「絞り値優先」選択
4、背景がぼけない→「絞り値」の設定
5、撮った写真が暗い→「露出補正機能」を使う

今回ご紹介した「カメラの設定・使い方5つ」は撮影に便利なので絶対に覚えましょう。

2018-05-20 | Posted in 撮影の基本No Comments » 

関連記事