ホワイトバランス 初めての設定編

色を合わせるためのホワイトバランス機能         

Point
初心者はオートホワイトバランスを選択。
撮影に慣れてているなら、グレーカードを使ったマニュアルホワイトバランスで。

ホワイトバランスとは?

 ホワイトバランスとは、白いものを白く写るようにするための機能のことです。
白熱灯のもとでは黄色っぽく感じ、蛍光灯のもとでは青緑っぽく、夕方の太陽の光は赤黄っぽく感じますよね。夕方に白いモノを写したら赤黄色くなって色がおかしい!ということがないように、光の環境が変わっても、写すものの色が変化しないよう調整する、それがホワイトバランスの機能です。

夕暮れでの撮影
夕暮れ時の撮影では白いシーツが赤黄色に写ってしまう
 

ホワイトバランスの機能はシーツの色味を正しい色へ調整する
正しい色へ

 

 ホワイトバランスの機能には以下のようなモードがあります。

オートホワイトバランス →カメラが自動で判断して色を合わせる
選んで使うホワイトバランス →夕方の光、蛍光灯の光、白熱灯の光、、など環境を選んで使う 
マニュアルで合わせるホワイトバランス →手動で合わせる

 

商品撮影でのホワイトバランスの機能の設定

 商品撮影の際のホワイトバランスのモードは次のように設定をしましょう。

 ○撮影になれていない → オートホワイトバランス

まずは撮影になれることを優先するため、ここではオートホワイトバランスでカメラに任せましょう。

1、カメラのメニューボタンを押して「ホワイトバランス」の項目を選択。

2、ホワイトバランスの選べる項目から「AWB(オートホワイトバランス、もしくはオート)」を選択
 ※カメラの初期設定では多くのカメラが「オートホワイトバランス」になっています。

これでオートホワイトバランスの設定の完了です。

自然光での撮影ではこの設定で大幅に商品の色が変わってしまうということはありません。
自然光で撮影するための基本 を参考に撮影をしましょう。

2015-11-08 | Posted in カメラの設定, 撮影の準備No Comments » 

関連記事