ISO感度の設定

         

Point
ISO感度を800に。
最近のカメラならISO感度1600でもOK

自然光での撮影をしやすくする「ISO感度」の設定
 一眼レフならカメラ上部のモニターに「
ISO」と表示がありませんか。その「ISO」の後に、例えば「ISO 800」というように数字が表示されているかと思います。この数字が大きければ大きいほど、写真がブレにくくなります。

ちょっと難しいISO感度講座
ISO感度は、画質やシャッター速度と関連しています。

ISO100 – ISO200 – ISO400 – ISO800 – ISO1600 – ISO3200 – – –
シャッター速度:遅くなる   ⇔     速くなる
画質: 良い         ⇔        荒れる

光を取り込む時間がISO感度が低いほど長くなり(ブレやすい)、ISO感度を上げると短くて済む(ブレにくい)

画質は、ISO感度の数字が低いほど「きれいに(画像が荒れずに)」撮影できます。

ブレにくくするためにISO感度を上げると、それだけ画質は悪くなってしまうのです。

 

適切なISO感度の設定

 シャッター速度と画質のバランスの良いISO感度は「ISO 800」。

ただし、新しいカメラほど性能が良くなっていて、最新のデジタルカメラであればISO1600でも画質が荒れにくくなっています。
5年以上前のカメラで撮影される場合には、ISO400ぐらいから設定を始めてみて、画質が悪くならないか確認して下さい。

 

2015-10-30 | Posted in カメラの設定, 撮影の準備No Comments » 

関連記事

Comment





Comment