撮影用スペースを作る

まずは、撮影をする前の場所作りから。
ここでは雑貨・小物に適した場所作りをします。
撮影用の場所がしっかりと作れれば、こんな写真も簡単に撮れるんです。

・部屋の照明はオフ!

商品撮影 まずは照明をオフに。

窓から差し込む光で撮るために、お部屋の照明などはオフにします。
カメラ内蔵のフラッシュも光らないようにオフ設定にしておきましょう。

・窓から差し込む光=「自然光」を利用する

商品を撮るには自然光を利用しよう
窓からの光を利用するために、窓辺に机をもっていきます

・必要な道具を揃えよう

商品を撮るために揃えるグッズ、撮影道具
商品撮影のセット作りに必要な道具は、

背景紙、ボード紙(ケントボードのような厚い紙)、レフ板、ブックエンド、洗濯バサミ

・背景を作る


ボード紙の幅にブックエンドを立てます。


ブックエンドにボード紙をたてかけます。



ブックエンドとボード紙を洗濯バサミでとめます。
倒れないように、両端をとめておきましょう。
また、ブックエンドに辞書等をおいて重りにすると倒れにくくなります。



背景紙をボードにとめます。背景紙の上をとめたら、テーブル側にながして、端をテープでとめます。


背景の完成!

・レフ版を使う
さあ、ここまでできたら、最初のぬいぐるみを置きましょう。

レフ板で囲みます。

ここまでで撮影のスペース作りは完成です。

撮影しやすい光を作りましょう。
・必要な道具 トレーシングペーパー

窓からの光が強くて、レフ板を使っても明るさが調整できない、、、!?

左側の光の当たる部分が強すぎて、素材感がなくなって写っています。
こんなときには、窓にトレーシングペーパーを貼ります。



強かった光がやわらかくなり、ぬいぐるみの明るい部分も素材感がしっかりと残っています。
画面全体の明るさがしっかりと整っていると、とても見やすくなります。

 

次はカメラの設定・使い方です。
【一眼レフカメラ】絶対に覚えたい!カメラの設定・使い方5つ

 

2018-08-01 | Posted in 撮影の基本No Comments » 

関連記事