背景紙の色の選び方

Point
背景紙は商品の引き立て役。
背景紙の色の選び方で、商品の見やすさが変わる。
サイトの印象までも決めてしまう。

 

今回は背景紙を選ぶ際のポイントを解説!

まずは、背景紙を使わずにそのまま部屋で撮影したときの場合と、背景紙を利用して撮影した商品を見比べてみましょう。

背景紙なし

背景紙あり
haikei_003

 商品撮影では背景に日常的なものが入り込むと、商品がとても良いものであっても安く感じられてしまいます。また、商品の取り扱われ方も雑に感じられますね。

では、背景紙を選ぶ際にはどのような色を選べば良いのか。

 商品の説明をするための写真の役割は、商品をわかり伝えることです。商品の説明の邪魔をしない無難な色は「白」です。背景がすっきりとするのでよく選ばれる色です。「白」以外の色はどうでしょう。実際に見比べてみましょう。

「白」
haikei_003

「アイボリー」
haikei_004

「クリーム」
haikei_005

「濃いめのブルー」
haikei_006

「ブラック」
haikei_007

並べて見比べてみましょう。
haikei_011

くまのぬいぐるみという商品は同じでも、背景を変えることで印象は大きく変わります。

ホワイト    すっきりとしている。
アイボリー   少しやさしい、もしくはやわらかな印象
クリーム    あたたかい感じ
濃いめのブルー スポーティな印象
ブラック    重厚感や、フォーマルな印象

色が濃くなるにつれて、重く固い印象になります。

 

次に、商品によって背景紙の色を変えた場合の印象はどうでしょうか。

WEBショップでは、最初のページで商品の一覧が表示されることが多いですね。その場合を見てみましょう。

「単一色での一覧」
haikei_008

「同系色での一覧」
haikei_009

「様々な背景色での一覧」
haikei_010

単一色、同系色は見やすいですが、様々な色の背景色での一覧は見づらくなりますね。

商品によって、やさしい印象にしたり、重厚感のある感じにしたりと様々な色を使いたくなりますが、あくまで背景色は商品を見る際の邪魔にならないようにしましょう。1ページ目で商品一覧ページがくる場合には、サイト自体の印象にもなります。そのことを注意しながら背景紙を選んで下さい。

手作りのものや、アクセサリー、フィギュアなど、こだわりの商品はより良く見せたい!というときこそ、背景はシンプルに。商品の説明写真を多くすることで、より伝わる写真にしましょう。

2015-11-16 | Posted in 撮影の基本No Comments » 

関連記事