絞り「F値」の設定  

絞り値         

Point
絞り「F値」F8以上で

 

商品をしっかりと写すための機能、絞り「F値」

 商品撮影では、その商品がはっきりと写っていることが大切です。この「はっきりと」をカメラの機能で調整するために「絞り(F値)」の設定をします。
一眼レフならカメラ上部のモニターに「
F8」など「F」の後に数字が表示されていませんか。
(写真のカメラでは数字だけですね)
この数字が大きいほど「はっきりと」ぼかさずに商品を写すことができるようになります。

ちょっと難しいF値講座

F値は、次のように数字が変わり、シャッター速度と関連します。

F値:  F1.4 – F2.8 – F4 – F5.6 – F8 – F11 – F16 – – –
シャッター速度: 速くなる  ⇔  遅くなる

はっきりと写すためにF値を大きくすればするほど、シャッター速度は遅くなるのでブレやすくなります。ブレなくするために、三脚があると便利!

 

絞り「F値」を設定する

 かばんぐらいの大きさのものを「はっきりと」ぼかさずに撮影しやすくするためには、絞り「F値」は「F8」に合わせましょう。

 F8でも商品の全体像がボヤけてしまう場合に、絞り値を大きい方に変えますF8→F11F16へと数字を大きくしましょう。

※商品の手前側はピントが合っているのに、奥側がボケている場合。奥側に長い商品や、小さいものを大きく写したいときにはボケやすくなります。

2015-10-30 | Posted in カメラの設定No Comments » 

関連記事