研修、商品撮影業務改善のための写真講座 <法人向け講座のお知らせ>

商品,撮影,出張教室,UTSUSU,講座,セミナー

UTSUSUでは法人向けの講座を、プロのカメラマン(→詳しく)が承ります。

12/15 お知らせ
連日の報道にありますように、新型コロナウイルス感染者数の増加が著しいことを受け、
出張での写真講座につきましては当面の間、京王線沿線沿いでの近隣地域のみとさせていただきます。
感染拡大防止のためご理解のほどよろしくお願いいたします。

<研修プログラムとしての写真講座>
・撮影がうまくいかないのはカメラが原因でしょうか?
ネットショップのための撮影では、
商品の準備撮影機材の準備撮影レタッチ(画像修正、リネーム、サイトに合わせた画像サイズの変更)商品説明文を書くサイトで公開。商品と写真や説明文が一致しているか確認。
このように写真が掲載されるまでには様々な作業があります。カメラを持っている時だけが撮影なのではなく、写真が公開されるまでが撮影の作業なのです。
撮影が上手くいかない、、、という場合には、サイトで公開するまでの作業時間に無理があって計画通りにいかないことも原因となります。

・売れるための商品写真とは?
カメラを上手に使い、素敵なイメージ写真が撮れれば売れると考えていまんか。
ヤフオクやメルカリでも商品が売れています。その写真は全てとてもきれいな写真でしょうか。
いいえ、違います。
ただし、売れている商品写真には共通していることがあります
それは「わかる」ということです。その商品がどのようなものであり、傷や程度が写真を見て「わかる」こと。
商品がわかれば、欲しかった人は購入します。
見る人に、その商品がどのようなものであるのか「わかる」ように写真を撮るためには、
自分が買いたくなる、もしくは、人気のあるネットショップでは商品をどのように写真で見せているのか調べてみましょう。
形がわかるように、前・後ろ・斜め横・特徴的な箇所、サイズがわかるように手にとって着用してみて、など「わかる」ための写真が丁寧に撮られています。
売れるためには、見る人に、その商品がどのようなものかわかることが大切です。

UTSUSUの商品撮影講座では、「カメラを使って上手に撮る」ことだけではなく、商品が売れるための撮り方・基本からお伝えします。

講座事例
「商品が10倍輝く」写真の撮り方のコツをプロのカメラマンが教えます。
調布市ネットショップセミナー(→くわしく)にて商品の魅力が伝わるための撮り方をレクチャー。
受講者数:15名様
主な内容:ご自宅で始められる商品の撮り方、「売れる」ために必要な撮影の基本知識

お店の写真が劇的に変わる!プロのカメラマンによるお店のためのWeb写真セミナー
羽村市創業支援セミナー(→くわしく)として登壇させていただきました。
受講者数:15名
主な内容:スマートフォンでもできる商品撮影のための準備から実践。スマホアプリで簡単!写真の修正

<商品写真、撮影業務の改善>
商品撮影を始められていて、上手く撮れない。その原因が改善されないまま撮影を続けていませんか?
1日の人件費と上手く撮れない日数を考慮された場合に、ご相談なされることをおすすめします。
プロのカメラマンが、現状でお使いのカメラや撮影の機材を確認し、その商品撮影のための最適な撮り方をアドバイス致します。

講座事例
◯某大手酒類販売ネットショップ様の、商品撮影の改善、機材のセッティング
受講者数:5名様
2回に分けての講座。
1回目:現状での撮影作業と機材の確認、上手に撮れない原因解明。
2回目:今までお使いの機材と、新規機材を合わせた撮影セッティング。撮り方の改善。
まずは商品写真が上手に撮れない原因と改善を。お使いの機材を活かしながら、新規機材を合わせた効率的な使い方。その商品に合わせた撮り方のアドバイス。ご希望予算に合わせた機材の手配から行いました。

<商品撮影を社内化したい>
カメラと機材さえあれば撮影ができると考えていませんか?
「商品が撮れる」のではなく、「売れるための商品撮影」をご提案致します。機材のセッティングから、撮影業務のワークフローの確立、どのような写真を撮ることが売れるのか撮影のレギュレーションのご提案まで行います。

法人向けお問い合わせ

2017-11-10 | Posted in お知らせNo Comments » 

関連記事