初めてのアクセサリー撮影 -ここから始める撮影集中講座-

ネット販売のためのアクセサリー撮影・準備するものから、カメラの使い方、撮影練習まで。アクセサリー,撮り方,撮影

こんにちは、フォトグラファーとして、UTSUSU写真教室では商品写真の撮り方アドバイスをしている赤石です。

◆アクセサリーを自分のカメラできれいに撮影できたら! でも、高いカメラや撮影道具が必要でしょ、と思われていませんか。

UTSUSUの写真講座では身近な材料や手頃な価格の道具を使って、ご自宅の窓からの光でアクセサリーを上手に写す撮影方法をアドバイスしています。これから指輪やイヤリング、ピアスなどのアクセサリーを撮り始めるための、撮影の準備、カメラの設定から、撮り方の基本から。

今日は、これから指輪やイヤリング、ピアスなどのアクセサリーを撮り始めるための、撮影の準備、カメラの設定から、撮り方の基本からポイントをいくつかシェア!


■撮影スペースの作り方 撮影しやすくするのは、撮影できる場所の作り方が重要です。十分に光が差し込む10時から15時くらいを撮影できる目安に準備を始めましょう。使う道具は身近なものや、手頃な価格で揃えられるもので。

<場所作りが撮影をしやすくする> 窓のそばで、そのまま撮影を始めると窓枠の影が入ってしまったり、薄手のカーテンを利用してもカーテンの目が影となって出てしまいます。

アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石

手頃な道具を使って、撮影できる場所作り(→くわしく)から始めましょう

場所作りのコツをおさえれば、コンパクトカメラでもここまできれいに撮影できます アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石

■カメラの設定 商品を撮るためのコンパクトカメラの設定 商品を撮るためのカメラの設定 基本は、「カメラにお任せ」で、できる範囲できれいに撮影。 そのためのカメラの設定からポイントを二つご紹介。

<商品の色を正しく写す> 「ホワイトバランス機能」で正確な色に近づける。 ホワイトバランスをオートに ホワイトバランスの設定を合わせることで、色味が変わります。

<見せたい部分をはっきりと写す> 「絞り値」を設定する。 奥がぼやけて見えるのは、絞り値が小さいため。 絞り値を、F2.8→F8へ。 絞りを8に

アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 奥までしっかり写ると、見やすくなります。

■カメラの使い方 カメラの使い方で解決できることから最もご質問のあるお悩みをご紹介

<写真の明るく見やすくする> 明るい部屋で撮っているのに写真が暗い。 露出補正機能を使って写真の明るさを調整

写真の明るさを調整 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石

明るさが違うだけで、商品の魅力が違って見えます。 露出補正機能を利用して写真の明るさを調整 露出補正機能を利用して写真の明るさを調整 一眼レフカメラなら「+/-」のボタンを押しながら、ダイヤルを回すと明るさが変わる。 コンパクトカメラでは、「+/-」のボタンを押し、調整の画面が出てきたらダイヤルを回すと明るさが変わる (メーカーや機種によって仕様が違うため、取扱説明書「露出補正」を参照。講座ではその場でアドバイスをしています。)

 

■撮影のコツを覚える カメラを使わなくても、写真は見やすく魅力的になります

<シルバーの部分が黒くなるのをどうにかしたい> トレーシングペーパーを上手に利用、差し込む光の向きにもコツがある

アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 シルバーのチェーンや地金が撮影では黒くなってしまいがち。周りのいろいろなものが写りこまないように「トレーシングペーパー」を利用し、差し込む光の向きに注意しながら撮影します。 写すの写真教室,アクセサリーの輝かせ

<置き方・見せ方で魅力がアップ> 指輪を立たせて、トップの石をしっかりと見せる。 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 撮影用の「ワックス」を利用して指輪を立たせています。 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石

 

<イヤリングを留め金具を気にせず真正面から見せたい> アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 そのまま置くと、止め金具のため石が横を向いてしまう。一目で形を見せたい! その場合には、一工夫を。 1、厚さのある紙を用意 切り込みを入れます。その切れ込みに、イヤリングを差し込みます。 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石

2、消しゴムを置いて、紙の上辺をその上に アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石

3、真正面での見せ方が簡単に撮れるようになります 形もわかりやすい。 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石 アクセサリーの撮り方,写真教室,赤石

実はここで紹介している写真も全て、窓からの光を利用して撮影しているんです。 撮影場所の作り方、カメラの扱い、撮影のコツをおさえれば、ここまできれいに。

 


「初めてのアクセサリー撮影 -ここから始める撮影集中講座-」 撮影のための場所作りから、カメラの設定・使い方、実際に撮影体験しながら窓からの光でアクセサリーの撮り方をアドバイス。

受講される方は、これから始める、もしくは撮影を始めたいという方がほとんど。少人数の講座でわからないことは質問しながら学ぶことができます。お気軽にご参加ください。

 

ストアカ

『初めてのアクセサリー撮影 -ここから始める撮影集中講座-』

◆アクセサリーを自分のカメラできれいに撮影できたら! でも、高いカメラや撮影道具が必要でしょ、と思われていませんか。 「初めてのアクセサリー撮影 -ここから始める撮影集中講座-」では、ご自宅での撮影を想定して、窓からの光を利用してアクセサリーを上手に写す撮影方法をお伝えします。これから…

Thumb 2d3579c2 5408 4b19 851b dc9f1a8f0f6c   赤石 雅紀・フォトグラファー

UTSUSU写真教室(うつす)について。 自分で商品をきれいに撮りたい、を叶える写真教室。 上手に撮れない。原因を知りたい。撮影のこと、何から始めたらいいの? プロのカメラマンに撮り方を教えてもらいながら、実際に撮影したい。 撮影を体験しながら学びたい。 商品ごとの撮り方をしっかりと学びたい。 少人数の講座で、わからないことは質問したい

京王線沿い調布からこれから商品撮影を始めるかたにもわかりやすく商品の撮り方をアドバイスしています。

2019-06-29 | Posted in 撮影のコツ, 選べる撮影教室No Comments » 

関連記事